私の独り言

骨端線とは?

身長が伸びるかどうかは骨端線があるかどうかで決まるといわれています。
骨端線とは成長する軟骨部位のことをいい、骨の中央と端の間に存在します。
子供がレントゲンを撮ると長い骨の末端に亀裂のような線が見えます。
その線こそが骨端線です。

子供の頃は骨端線が柔らかく、この部分が成長して身長が伸びます。
しかし、骨端線は年齢を重ねて大人になるとどんどん硬くなり、骨が伸びなくなります。
レントゲン写真を撮っても確認することができません。
男の子は16歳前後で骨端線が硬くなり、女の子は15歳前後で硬くなるといわれています。
基本的に骨端線が固まってしまうと身長が伸びることはほとんどありません。
そのため、身長が伸ばしたいなら、骨端線が固まる前に伸ばす努力をしてください。

そして、稀に大人になっても骨端線が残っている場合もあります。
そういった方はまだ身長を伸ばせる望みがあるので、工夫次第で数センチアップできるかもしれません。
骨端線があるかどうかはレントゲンで確認できますが、病院によっては異常が見られない限り、撮影できない場合もあります。

骨端線を成長させるには成長ホルモンをどんどん分泌させることが大切です。
良質な睡眠と適度な運動を組み合わせて、たっぷりと成長ホルモンを分泌させてください。

 

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁